平成31年の新年にあたって(社会変革の兆し:チャンスと責務)

今年は新たな年号がスタートする平成31年ですが、穏やかで幸せな歳となることを願っています。

昨年は自身の本業務においても全国各地に出向くことが多く、各地の災害を目の当たりにすることになりました。6月の大阪北部地震の翌週には余震の中、身の危険を感じながら面談していたこと。7月の西日本豪雨では避難勧告の出ている京都での面談、9月には関空閉鎖の超大型台風21号の翌週には、街路樹がなぎ倒された市内で、それぞれ面談業務にあたっておりました。また同9月の北海道地震の翌週には物流が復旧せずコンビニ商品もまばらな札幌市内での面談など、昨年は各地で自然災害に直面した年であり、多くの方々が被災された1年だった言えます。各地の災害が続きましたが、被災された方々には1日も早く平穏な生活に早く戻れることを心からお祈りしております。

そのような中でも素晴らしい出来事として、2025年大阪万博の開催決定があります。現在の好景気が今後も持続することへの期待が大きく膨らんでいます。2020年東京オリンピック・パラリンピック以降の好景気を約束してくれている気がいたします。昨年は求人の件数も増加傾向にあり、IT業界をはじめとして、建設業界、飲食・サービス・小売業界など、各業界に人手不足感が拡がっており、パート採用では人が集まらず、正社員採用で人材確保を目指す機運が中小のみならず上場企業にまで拡がりを見せています。それにより、従来はコストのかからないハローワークを中心の求人活動が、一人当たり百万円ちかいコストをかけても各種求人マッチングWebサイトでの公開求人が増えております。新卒者の就活サイト活用と同様に、転職者のための転職サイトに従来にはない大手企業の登録が増えていることも大きな変化となっています。

不景気の時期に正社員への就活を断念し、非正規社員として人材会社にスタッフ登録した方々の転職成功の件数が大きく増えており、それも上場企業への正社員就職が実現できたという方々の声も多く届いています。今一度、これまでの自分自身の①経歴キャリアを整理し、②自分本来の職業適性を自己分析し、③あらためて自分が目指すべきワクワクする気持ちになれる目指したい職種ターゲットを明確にし、④多くの求人サイトに登録し多くの求人企業の情報をメール受信できる状態にし、⑤自分にマッチする具体的な求人情報に狙いをつけ、⑥応募書類を作成し1件でも多くエントリーする、⑦周到な準備で採用面接に一社でも多く出向き採用を獲得する。これが転職就活への成功7ステップです。

昨年以降、正社員へと転職チャレンジする好機が到来していると断言できます。非正規社員と正社員と待遇の差は大きく、社宅利用などの福利厚生、失業保険や健康保険制度をはじめとする社会保険制度の会社負担などにおいて明確です。また、人生設計における気持ちの点でも大きな差があります。永続的な仕事を獲得できる社員採用は大きな生活の安定に結び付きます。これから結婚を考えて自分の家庭を持つことを当然として目指せます。非正規から正規へ、年収アップの転職、安定就労、夢の実現にむけ、千載一遇のチャンス到来です。

また昨年は、わが子を虐待する事件が多く発生しており、この世に生を受けて輝かしい未来にむけて祝福されるべき小さな命が、やっと覚えた文字で「ごめんなさい。許してください。」というお手紙でも許してもらえず、悲しい結末となった事件が注目集め、同様の事件が多く発生しました。その結果、東京都が中心となり新たな児童虐待防止のための児童相談所間の事案連携の試みがスタートしております。

また海外においては経済発展の陰でアジア諸国や中南米の都市部においても、貧しい環境で小さな子どもたちが学校にも行けず、過酷な場所での児童労働が家族を支えている厳しい実態があります。その子どもたちは「将来は先生になって子どもたちに勉強を教えてあげたい」という夢と希望を抱きながら、過酷な環境で小さな兄弟姉妹や家族のために、教育を受けることなく仕事に励む児童がいることも現実です。世界中の未来ある子どもたちが毎日の過酷な労働から解放され、必要な教育をうけることができるようになることを心から祈るばかりです。

2020年の東京パラリンピック・オリンピックまであと一年となり、東京の新国立競技場も順調に建設が進み大きな全体像が望めるようになってきました。これまでにない社会変化として、パラリンピックで頑張る選手たちの映像が放映され、感動を人々に与える機会が増えています。これまで、障害のイメージが社会的に変化しています。これまでとは異なり、その人の「障害は個性なのだ」という認識が社会を新たな時代のステージへと進化するための大きな原動力となっていることを感じさせられます。これまでの社会におけるいじめの構図にも変化が期待できます。これまでは他の人達と異なる容姿を持つ人への排除的な攻撃は個性を否定する社会通念があり、それ自体が学校や職場さらには地域社会における「集団いじめ」の根本原因としての稚拙な人間性の本質にあるといえなくもないと考えられます。

そのことは、例えば学校においては他の子供たちと異なる容姿をもつ子、うまく話せない子、多動性のある行動をもつ子、発達支援を要する子どもたち、体育や数学などの得意でない科目がある子、両親と生活できない子、人に知られたくない家庭環境を持つ子、学級いじめの対象となりやすい心優しい子など、全てをその子の持つ個性であり、全ての人の個性を受け入れ、共にこれからの社会を担うために得意な分野を伸ばす共存共栄の社会に向けた活動を目指すために、大きな社会変革の動きに結びつくこと期待させられます。とくに子供の頃に受けた学校でいじめ被害でその子の一生涯にわたって精神的なストレスを抱える大きな危険性があります。

この大きな社会変化に呼応するように、すべての子どもたちの親御さんは、ご自身の子どもをも一人の大切な人間として接し、機会あるごとに「全ての人の個性を尊重しなさい」というメッセージ常に伝えることが必要です。

全ての人を尊重することの必要性、それぞれの個性を持つ子を含め全ての子どもたちの個性は社会を変える原動力として新たな社会変革に結びつく、一つ一つの個性がジグソーパズルのように、社会を成長させるために必要な個性として、大切な存在として尊敬し、共に歩む仲間としての人間性を高めるために。

2019年1月6日

|

平成30年度 新年のご挨拶

 元旦は素晴らしい晴天に恵まれ、美しい初日ノ出を詣でることができ、気持ちの良い新年を迎えることができました。

これまで恒例となっておりました横浜地下鉄の大晦日終夜運転を利用しての、自転車を携行しての江ノ島神社への初詣ですが、今年は無理をせずにジョギングスタイルで身軽な荷物で、2日早朝5:33発の始発電車を利用して江ノ島神社にでかけてきました。西の夜空に何年ぶりかで地球に最接近した大きな満月のスーパームーンを目に焼きつけ、小田急片瀬江ノ島駅に6:30頃に到着しましたが、昨年の元旦とは大きく異なりまばらな参拝客に驚き、気持ちの良い空気の中を、江ノ島神社へと軽いジョギングでスタートしました。昨年の、ままだ日が昇らない暗い時間帯の元旦早朝は、3時ごろでもすでにの大勢の参拝客で混雑していましたが、スムーズな初詣となりました。江ノ島神社に参拝して、ジョギングをしながら急な階段を駆け上り、展望台から朝日に紅富士となる美しい富士山を撮影し、稚児ガ淵の海岸に降り立ち、とても大きなスーパームーンと富士山、湘南海岸を一望できる場所で伊豆半島の山並みから箱根、そして丹沢山系に大山の山並みを一望できる素晴らしい景色を堪能しました。あと30分早ければ場、ちょうど江ノ島の南西部に当たる海岸から日の出と紅くそまる富士山を撮影できたはずですが、始発ではどう頑張っても7:20頃となり、6:50の日の出時刻には間に合わない状況でした。

そして今年は江ノ電で江ノ島から稲村ガ崎にむかい、稲村ガ崎からの富士山を撮影し、七里が浜まで30分ほどジョギングで湘南海岸の穏やかな日差しと潮風そして、雪で白く輝く富士山を眺め、気持ちの良い時間を過ごし、江ノ電で七里ガ浜から鎌倉経由でお昼前には帰宅できました。鎌倉駅では、参拝客の混雑を避けながら、無理することなく快適な初詣となり、今年の素晴らしい一年を予感させられる日となりました。

 昨年は、スタッフ不足もあり十分な対応ができておりませんが、その背景として、好景気によるスタッフ不足はボランティアの現場にも影響しており、この時期は多くのスタッフが確実な自身の本業を軌道に乗せるための正社員への就活に絶好の機会であることは確かです。ボランティア活動はスタッフ自身が幸せな仕事を獲得し、一生涯にわたって安定できる職業を見つけ、安定した生活を獲得できてから、本業を圧迫しない範囲でボランティア活動することが絶対条件となります。本人が苦しい状況では他人をサポートすることは難しいのは明らかです。
当ケアセンター代表として、自身の本業が超多忙なこともあり、十分なケアサポートのt対応ができなかったことは事実です。そのような中で、昨年より計画しておりますカウンセリング本の出版のための執筆活動を続けており、学校におけるいじめ対策とそのケアについて、いじめ被害をうけた児童生徒への対処マニュアル本として、その親御さんの対応方法について、さらにはメンタル不調を抱える成人の方々が持つ過去にいじめ被害体験が、原因として今の戦う状況をサポートできる内容となっております。、より多くの方々にメンタルケアでサポートできるよう、「読んで楽になるカウンセリング本」を発行する予定です。
執筆が遅れておりますが、約9割は作成できておりますので、今年には出版できることをめざし、カウンセリング本を読むことで、楽になってもらえるよう目指します。微力ではありますが、引き続き皆様をサポートさせていたきますので、本年もよろしくお願いします。
 

2018年1月3日
代表 長谷川 裕通

|

平成29年 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

 元旦は素晴らしい晴天に恵まれ、美しい初日ノ出を詣でることができ、気持ちの良い新年を迎えることができました。
元旦の恒例となっておりますが、今年も横浜地下鉄と小田急江ノ島線の大晦日終夜運転を利用し、小さな折り畳み自転車で江ノ島神社への初詣にでかけてきました。そして、湘南海岸を江ノ島から逗子まで元旦サイクリングを楽しむことができました。途中、日の出時間の6時54分には、稲村ガ崎からの初日ノ出と、湘南海岸を江ノ島越しに富士山が朝日で紅く染まる紅富士を撮影でき、その雄大さと美しさに感動しました。ここ稲村ガ崎からの夕日は、夕焼けの湘南海岸と真紅の富士山が徐々に藍と紫のグラデーションに溶け込み星空にのまれて行く光景は、宇宙との一体感をを実感できる時間を味わえる絶景のヒーリングスポットですが、元旦の快晴の中で5合目あたりから真っ白な雪が、朝日に染まる紅富士と江ノ島も湘南の海岸線の光り輝く美しさはひときわ感動でした。
冬の早朝の日の出の時間は、徐々に富士山の姿がハッキリとする感動の時間であり、是非ともお勧めしたい絶景ポイントです。心のもやもやが洗われて、気持ちが清々しくなることを実感できます。

 元旦の新聞に、うつ状態やそううつ状態などの抑うつ傾向に関係の強い脳内伝達物質が特定できたという記事がありました。それによると、脳の状態による診断が可能となることで、問診表や心理テストよりも確実だということです。このことは、うつ病をこころの病という捉え方よりも、生体的なバランス変化という捉え方ができることを意味しています。また、科学の進歩によってケア方法も進化する可能性がありますので、大いに期待できるといえます。
これまでの科学の進歩で、血中溶存酸素量がストレス耐性に大きく影響するといわれており、深呼吸の重要性や、笑いによる肺機能向上、健康的な正しい姿勢による肺機能アップ、溶存酸素量の不足による脳内伝達物質であるセロトニン量の低下影響と、酸素増加による安心感の高まりなど、など、科学で身体的維持能力が注目をあびている中で、さらにケアにむけた科学的な情報が発信されたといえます。今後の期待が大きいといえます。
ケアの方向性として、ストレスにたいするコーピングスキルを高めることや、コミュニケーションスキルは基本的に重要な取り組みではありますが、それ以上に関係性の高い脳内物質自体を正常値に維持するために必要な、身体的な自己治癒力を高める方法を探ることも重要なケアの取り組みとなると考えられます。なお、当然ですが投薬による直接的な治療もピンポイントで可能となる可能性もあるかもしれませんが、基本的には人間が本来持っている治癒力をどのように高めるかが重要であると考えております。

当ケアセンター代表として、今年は、より多くの方々にメンタルケアでサポートできるよう、「読んで楽になるカウンセリング本」を発行する予定です。
本を読むことで、楽になれるよう、セルフケアやセルフ認知修正でいつでもどこでも、セルフカウンセリングが可能となる著書です。
微力ではありますが、引き続き皆様をサポートさせていたきますので、本年もよろしくお願いします。

 
2017年1月3日



国家資格・登録制度「キャリアコンサルタント」登録
就職支援や復職支援などのキャリアコンサルテーション活動やカウンセラー活動で「キャリアコンサルタント」の称号を用いることが独占的に許可される国家資格が、平成27年法律第72号「勤労青少年福祉法等の一部を改正する法律」の公布で「職業能力開発促進法」が改定され、「キャリアコンサルタント」は、国家資格保有者のみに許可された名称独占資格保持者のみとなりました。今回その資格取得と登録が完了しましたことをお知らせいたします。それにあわせて平成28年4月1日に制定された「」キャリアコンサルタント倫理綱領」に基づき守秘義務、行動規範、相談者の自己決定の尊重など、に従い適切なコンサルテーションを実施することを誓います。

2017年1月3日

|

平成28年新年のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。

 今年の経済界トップによる経済展望コメントの多くが、景気がさらに上向くとしています。これまでの就職活動で苦しい思いをしてきた方々も、今年は良い機運の兆しがありそうです。ご自身の目指すそれぞれの未来に向けて、チャレンジする絶好の歳となる予感があります。
 今年も箱根駅伝で、母校のタスキを繋ぐ若者たちの姿に感動をおぼえました。今年は時間制限の繰り上げスタートで、仲間にタスキを繋ぐことができなかった大学が多くありました。悔し涙にむせる彼らの姿に、アナウンサーの「来年はさらに強くなって箱根駅伝に彼らは必ず戻ってくることでしょう。」というコメントと沿道の歓声に同じ思いがしました。長い箱根駅伝の歴史の中で、あの荒廃した戦後の時期に多くの人々に生きる力と感動を与えたことが理解できます。

 彼らのように、いかに現在が苦しくても、未来を諦めることなく、栄光の獲得にむけての歩みにエールをおくります。しかし、誰でもが順風満帆でない中で、歩くことをやめても、また歩き出せば、それでいいのだと感じています。思い通りにいかない人生は、休みながら歩くことも必要です。つらい状況で転んだりすることもありますし、逃げたくなることもありますね。そんな時は休憩することも必要です。そして、また歩き始めればいいだけです。しかし、また歩き始めることには多くの勇気とエネルギーが必要です。また苦しい状況に向かうためには多くのエネルギーが必要です。人生はいろんなことがあります。予期できないことも、思い通りに行かないこともいっぱいあります。その時の運気も大きく影響します。そんな時はゆっくりと休憩しましょう。そして、エネルギーが補給されると共に運勢も上向きます。
 
今年も全ての方々にとって素晴らしい一年となるよう、心からお祈りしております。

 
2016年1月3日
代表 長谷川 裕通

|

2016年の初詣 江ノ島神社から稲村ガ崎そして逗子海岸

新年あけましておめでとうございます。

今年の初詣も、江ノ島神社への初詣サイクリングで、江ノ島からの初日の出と朝日に染まる世界遺産の富士山の雄姿を撮影してきました。
気持ちが洗われて清々しい気持ちで新年を迎えることができました。
今年も、全ての方々にとって素晴らしい一年となるよう心からお祈りしております。
長谷川メンタルヘルスケアセンター
代表 長谷川 裕通
Img_20160101_070343
上から順に①江ノ島からの初日の出2016年1月1日 Am6:50 
Img_20160101_0705131_2Img_20160101_085410
②江ノ島から初日の出に映える富士山2016.1.1.Am7:00
③稲村ガ崎から望む富士山2016.1.1Am8:30

Img_20160101_094142_2④逗子海岸からから望む江ノ島と富士山2016.1.1Am10:00

|

平成27年新年度 おしらせ

 今年の関東の桜は、四月はじめにパーと一気に咲きすぐに満開となり、美しい姿で楽しませてくれましたが、その後いっきに冷え込み、最高気温13度とコートに手袋を引っ張り出したほどの寒気で、比較的長い間お花見を楽しめたように思います。そして開花前線は、今朝のニュースで宮城で満開となり美しい映像が印象的です。

 いよいよ新年度、新学期がスタートしました。朝の通勤通学の列車にフレッシュな社会人やピカピカのランドセルの小学一年生を多く見かけます。とてもフレッシュで希望に満ちたワクワク感とちょっと不安げな緊張した様子をみると、「すぐ慣れるよ、頑張ってね、きっと楽しい毎日が待っているよ。」と声を掛けたくなるのは私だけではないと思います。混雑した車内での戸惑いもすぐに慣れ、職場や学校生活の生活にも慣れ緊張や不安も徐々になくなり、余裕が出て周りを見渡すことができるようになります。
 誰でも同じ道を歩いてきてますので、安心してください。最初は誰でも緊張するものです。最初から100%うまくできる人などいません。だから先輩や周囲も、同じ道を歩いてきていますので、貴方だけではありませんから、心配することは無用です。誰でも最初は失敗したり、間違ったり、エラーすることは当然です。そのエラーをフォローしてあげることや、失敗しないようにサポートしてあげるのは、周囲の先輩たちの大きな使命と責任があります。さらには、新入社員や新入生が新しい職場や学校生活に、とまどうことなくをスムーズに慣れるようにオリエンテーション、導入教育、作業マニュアルを整え、ストレスなく順応し、組織としての力が発揮できる教育プロセスと作業標準の整備は組織経営の必須事項です。それらが欠落していると組織の正常なパフォーマンスを発揮できない状態となり、組織の持続的発展は望めません。同様に教育現場における目的である「人を育てること」への障害となります。
 新入生や新社会人にストレス与えることなく育てることは社会的使命であり、周囲の私たちや先輩、そして企業経営者や組織経営者、国公立の教育責任者の大きな社会責務です。

 新しい生活に緊張や不安がある方々にお伝えいたします。うまくできなくても貴方の責任ではないという考えも必要です。あなたを、温かく見守り、サポートすることは先輩の責務です。ご自身の数年先をイメージしてください。緊張と不安の新入生や新入社員に、先輩のあなたが温かくサポートしている姿をイメージしてください。それは人として当然のことです。今、新入生や新入社員である貴方自身も、周囲の先輩たちのサポートをうけるのは当然のことであり、社会として必要なことです。だから、判らないことがあれば先輩に聞いて、教えを請うことは躊躇することではありません。当然の権利ですので、いっぱい質問してください。そして、教えてくれたら、「ありがとうございます」の感謝の言葉と、先輩への尊敬の気持ちを忘れなければ大丈夫です。


 
2015年4月11日
代表 長谷川 裕通

|

2015年3月のおしらせ

まだまだ寒い日が続いていますが、近くの公園では梅の花が満開でした。確実に春が近づいてますね。
でも油断大敵です。この季節は寒暖の差が激しく、日中は汗ばむこともありますが、ちょっと寒いと感じたら上着が必要ですね。それにこれからは花粉の季節です。この時期には、マスクと目薬、そして取り出せばすぐに身体を暖かくしてくれる「ぽけっとカイロ」は私の必需品です。皆さんも体調管理には十分に注意してくださいね。
 さて、三月といえば雛祭りですね。家族でお祝いをして子供たちの健やかな成長をお祈りされた方々も多かったと思います。お母さんが子供のために頑張って、「雛祭りお祝いバージョン」の晩ごはんを家族みんなで楽しんだのでしょうね。お母さんや家族からのたっぷりの愛情をうけて、心やさしい大人に成長してくれると思います。
 子供たちの成長にかかせない思い出をいっぱい作ってあげてくださいね。その喜び体験の記憶が、これからの人生を生き抜くために必要な心のポジティブ・リソースとなります。それは、心の中でその子をいつまでも支えてくれる「喜び記憶」となって、どんな苦しい体験があったとしても、それを乗り越えるために必要な原動力となります。メンタルケアの場では、小さいころに受けた大きなお愛情の記憶を引き出して、さらに実感できるように、お手伝いする手法があります。お母さん手料理の味、お雛祭りのお人形たちや、家族でのたのしい食事場面、お祝いの言葉、愛情を感じる雛祭りの楽しい思い出は、その子供の幸せな未来に向かうためのエネルギーとなります。お子さんが小さいときには、年中行事を祝う折々に、お子さんにいっぱい愛情のエネルギーをプレゼントしてあげてくださいね。



2015年3月8日
長谷川 裕通

|

新たな運勢が始まる(2015年2月のお知らせから)

 2月になって、今年一番の冬将軍到来かと思わせる寒い日が続いてましたが、関東地方では今日は寒さもひと休みして3月の暖かさ。昨日の朝の部屋の外にある寒暖計が2℃だったのが、今朝は10℃。・・・この暖かさに気を許すと、風邪を引きそうですね。まだ々冬将軍は何度も到来すると思いますので、やがて暖かな春がやってくるまでは気を引き締め体調管理に気をつけましょう。
 さて今年の節分も各地で「豆まき」行事で盛り上がりましね。京都の舞妓さんたちの華やかな「豆まき」が伝えられていましたが、ご家族で、子供たちと、あるいはお一人様はお一人で、「豆まき」を楽しみましたか?私も部屋の外と内に豆をまいて、散らかった部屋の豆はきれいに拾って食べました。この年齢になると、歳の数だけ食べるとたいへんなので、そこまでは食べませんでしたが、わたしと同じように、一年ぶりに食べる豆をおいしいと感じた人も多くいたと思います。
Yasaka
 この節分の翌日2月4日は運勢にとって重要な日だそうです。易学の四柱推命や九星気学などの占いや風水の世界では大切な日らしいですね。よく目にする運勢暦では「節入り日」といって一年は2月4日から2月3日迄ということだそうです。つまり、節分は運勢の大晦日、2月4日は運勢の新年となります。新しい運勢がはじまることになります。
 これまで、苦労の多い歳だと感じていた人には、新しいワクワクした希望に満ちた幸せが訪れる運勢の幕開けとなりますので、これからは必ず良い方向に向かうと信じましょう。いつまでも苦労は続かない、いつまでも寒い日は続きません。必ず暖かい春の日々がやってきます。
 東京オリンピックにむけて景気も上向きお給料も上向くことを期待しましょう。昨年も多くの方々から、新たなお仕事に就けたという報告を頂いてます。景気は確実に上向いていると思います。しかし、業種によっては苦状態が続いている会社組織もあり、雇用契約の打ちきりを伝えられた方々もいます。この時期はたとえ景気が上向いているとはいえ、すべての業種に満遍なく好景気が循環しているステージではないことは確実にいえることです。
 
 今、景気を牽引している業種は復興投資や公共投資の建設関連、公共インフラのITシステム関連分野、好景気の反映が早い経済基盤インフラの物資輸送、鉄道関係・運輸・運送関連産業、円安効果で業績改善の輸出関係、さらに自動車関連、機械関連の業界などが注目されていますね。
 反面、好景気の循環の遅い、食品・消費生活財の小売・卸販売分野、食品スーパー関連、さらには、産業構造的に不況の影響が少ない反面、好景気の循環も遅い医療・薬品分野、さらには制度設計的に働く人々に厳しい老人介護、社会福祉分野はもう少し先になるのかもしれませんね。
 
 そこで、今、契約打ち止めなどで転職を余儀なくされた方々にお伝えします。好景気の気配があるなかで、厳しい現実に直面し苦しくつらい思いをされたことをお察しいたします。しかし、今、運勢の新年を迎えて、飛躍へのチャンス到来だと考えましょう。景気が上向いている産業分野に転職すべきことの暗示であり、それをご自身の運勢が導いてくれていると考えましょう。
 
Images
 
今、インターネットで検索してください。好況業種の求人が貴方を迎え入れるために準備をしてくれています。転職の準備をマイペースで始めてください。これまで、お給料から失業保険料を天引きされていた方々は、自己都合退職ではなく、会社理由の「特別理由」に該当しますので、退職時にもらう「離職票」に「会社都合」などが記載され、特別理由に該当していることを確認してください。大切な点です。
 それにより、失業給付の期間が大きく延長されます。その期間を利用して、ハローワークを通して職業能力向上の研修などでスキルを磨きながら、ご自身のペースにあわせてお仕事探しをゆっくりとすることが可能となります。
 景気が上向いている産業分野の職場が、新たな職場の人達が、笑顔であなたの転職を歓迎するために、あなたの訪問を待っています。新年の日の出を迎え、幸せなワクワクしたこれからの人生に向かってスタートしようではありませんか。
 私たちスタッフ一同、この運勢の新年にあたり、あなたの第一歩をいつでもサポートする準備が整っています。一緒に歩き始めましょう。ワクワクする日々に向かって!
 2015年2月11日
代表 長谷川 裕通

|

2015年の新年にあたり

新年あけましておめでとうございます

今年のお正月は全国的に厳しい寒波が到来していますが、横浜でも元旦から小雪が舞う中を近くの公園で凧揚げをしている子供たちの楽しそうな声が聞こえてきます。また目指す試合が近いのでしょうか元旦からトレーニングに励むサッカーチームの若者たち、箱根駅伝の調整でしょうか疾風のように駆け抜ける集団の若者たちの姿に、寒さを吹き飛ばすエネルギーをもらったような気がしました。これから小雪の中を初詣に出かける勇気を奮い立たせようとして、なかなか部屋から出られない私との差を感じます。

それぞれの目指す目標に向かうエネルギーを、簡単でない夢の実現にむかって歩む力強さを、たやすい事ではない現実に目を背けることなくひたむきに歩き続ける人達を心から応援したいと思います。

大晦日の紅白歌合戦で長淵剛の歌った「明日に続く道」に、ひたむきに歩き続ける若者たちへの強烈なメッセージにとても温かいものを感じました。きらびやかな歌手の中では異色な強烈なエネルギーと輝き、長渕剛とはどんな人なんだろう。

歌詞のなかに、『明日に向かって、たとえ悔し涙に暮れても、激しい砂嵐の中を、「そこを」、「それを」諦めないで越えてゆけ・・・』、不思議な力がメッセージから届くいた思いがしました。彼の歌に多くの人達が、立ち上がり起き上がるエネルギーを受け取ったであろうことを思うと同時に、自分自身も応援されているように感じたしだいです。

今年は益々景気が上向き、全ての人にとって目指す目標が達成でき、素晴らしい記念すべき一年となるよう心からお祈りしています。

2015年1月2日  

長谷川裕通

|

2014年11月のお知らせ

関東では、11月中旬を過ぎると街中の公園にも紅葉のモミジの前で写真をとる人達を見かけますが、日々寒さが深まっていることを実感させられます。お近くの公園にお天気の良い日には美しい紅葉を見ながら、大自然の季節の移り変わりを身近に感じてくださるようお願いします。大自然の移り変わりを身近に感じることで、周囲の変化や自分自身のこころと身体の変化もありのままの姿で受け入れ、変化することは自然の姿だと実感できます。自分もありのままで良いのだということに気がつきます。

 大自然の季節の移り変わりを実感して、大きな地球の移り変わり、さらには宇宙の進化を実感してください。そこには、人間の営みの小ささと大きさを感じ、新たな気づきが獲られることもあります。そこで是非ともお奨めしたいWebサイトがあります。NASAのホームページには実際のミッション計画や報告資料とともに、宇宙空間から撮影された可視光線での写真映像と動画が豊富にあり、電波望遠鏡での画像とあわせて楽しめる映像資料をたくさん閲覧できます。人間関係でストレスを感じた時、身近な人の心変わりに寂しく感じた時、その人間の本質を考えた時、宇宙の大きさと時間・距離を感じる事で新たな希望と勇気・エネルギーを実感することができます。
とにかく美しい写真と映像をご覧ください.NASA Homepage  
http://www.nasa.gov/ (Imageのタグを探してね)

先日、長野県北部の白馬村を中心に震度6弱の活断層直下型地震が発生しました。多くの家屋が倒壊しこれからの豪雪地帯での寒さの厳しい冬にむかって、被災された方々の多くのご苦労をお心からお察し申し上げます。一日も早く復旧できることを心からお祈りします。

 
2014年11月24日
代表 長谷川 裕通


|

«2014年9月のお知らせ