新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます

昨年来、コロナ禍での自粛要請などへの対応で厳しい経済活動を余儀なくされており、現在のところ、対面による面談カウンセリング実施は感染防止の観点で自粛しておりますが、一日も早くすべての方々の安定した生活が取り戻せるようになることを心からお祈りいたします。

今回の新型コロナの感染は世界的な猛威でもあり、熱帯地域であるアフリカや中南米においても猛威をふるっている現状にありますが、多くの点で日常生活における変革が求められています。当ケアセンターが遠隔地のクライアントをサポートするための心理カウンセリングとして、メールカウンセリングを始めた1996年頃には多くのカウンセラー諸兄からは、対面しない心理カウンセリング自体は非常識であるというネガティブな意見も多くありましたが、文章表現の文脈から心理的な心の変化を読み解くことことによる心の内面把握の確実性について、当時は根気よく説明してきました。現在では、心理系大学院でのメールカウンセリング研究をはじめ、多くのWebサイトやSNSでのメンタルケアサポートのサービスが一般的となっており、各地の都道府県の公的機関によるSNS相談や危険回避のSNSサポートも実施されております。
 今、職場におけるリモート勤務やリモート会議への対応、学校におけるオンライン授業、度道府県や官庁の省庁内業務や窓口や民間企業における押印廃止によるワークフローのITオンライン化など、全ての生活場面において場所と時間を超えた効果的なコミュニケーションが求められており、意識の変革が世界的レベルで要求されているといえます。それは、同時に心の変容についても求められており、コロナ禍での医療機関をはじめ多くのエッセンシャルワーカーともいえる方々のご苦労にもフォーカスがあてられています。これまでは当たり前であると感じていた社会基盤を支える方々の活動の重要性をあらためて認識させられ、私をはじめ多くの方々が日常生活における他者への感謝の気持ちを確かめることができたと思います。
 100年前の世界的なスペイン風邪を乗り越えたと同様に、今回のコロナ禍における人類の緊急事態においても、貧困で困窮を極める世界中の方々をはじめ社会的弱者に手を差しのべ世界の貧困の格差を超えて、お互いに他者を助け合い、多様性のある全ての人々を認め、他者への感謝と尊敬の念を常に持つことを求められている変革の時期であると実感します。ちょうど100年前の古いセピア色の世界の写真を閲覧できるサイトでは、100年前にロンドンの貧民街で粗末な着衣で寒さに震え路上にうずくまる白人の子どもたちの写真、ニューヨークにおける児童労働の劣悪な環境で労働を強いられる白人の子どもたちの作業写真などを閲覧すると、現在のアフリカや東南アジアの難民キャンプや貧民街とまったく同じ光景であるったことに驚かされます。これまで、経済発展を遂げた先進国において社会的な弱者が救済されてきた国際発展の中で、今も経済発展から取り残されている世界各国における紛争による避難民の救済支援、貧困家庭で児童労働を余儀なくされている子どもたちの救済など、世界に視点を移し社会的な弱者や子どもたちへの支援についても、世界的な変革の時期にあると感じると同時に、私たち一人ひとりに全ての他者への思いやりの気持ちと行動を求められているといえます。

変革の今年も、感謝の気持ちと他者への思いやりを実践することで、世界的なコロナ禍を乗り越えるられて、新たな世界が拡がるることを心からお祈りしております。

長谷川 裕通

|

Amazon書籍出版のご案内:『児童虐待 日本の現状と課題』

児童虐待 日本の現状と課題 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.10

児童虐待から子どもたちを救出する支援者マニュアル

 

直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法をご提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズとして、児童虐待防止と救済の現場で日夜活動されている公的機関の職員の方々や、虐待防止の活動現場にいる支援団体の方々に向けての情報提供の書籍です。虐待傾向にある親御さん自身および虐待される家族や児童たちを、その児童虐待の状況から緊急脱出するために活動されている支援者向けマニュアルとして「児童虐待 日本における現状と課題」をお届けします。

現在起きている家庭での児童虐待が、子々孫々まで我が子への暴力が続いてしまう連鎖を阻止し、将来の家系で悲しい結末の事件を迎えないために緊急脱出が必要です。ご提供する当書籍の情報が虐待防止活動の支援者の方々のお役に立てることができ、ひとりでも多くの児童虐待の行為者となっている親御さんたちとその子どもたちを救いだすことへの一助となることを祈っております。

 

Basekdolnonew

|

Amazon書籍出版のご案内:『育児家族の支援 ご近所マニュアル』

育児家族の支援 ご近所マニュアル Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズ No.5

子育て世帯を孤立させない地域支援が子どもを育てる

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズとしての第五弾は、ご近所さんやお隣さんなどの地域住民の方々を通して、地域で孤立しながらも多くの逆境の中で奮闘する子育て世代の親御さんたちをサポートすることが目的です。子どもたちが担う新しい社会のためにシニア世代の時間のある方々をはじめとした地域の方々のご支援を心からお願い致します。
少子高齢化の時代にあって、経済的にも時間的にも追いこまれ、多くのストレスを抱えて孤軍奮闘しているお母さんや養育者が多いのが現状です。この時代は過去に諸先輩が子どもを育てた時代とは異なり、子育てに非常に厳しい社会だといえます。とくに都心部では、昭和初期のような「地域との助け合いで近隣の人・両親・親せきに支えられながらの子育て」などの恵まれた環境で子育てができている家庭はごく小数です。
いま子育てに孤軍奮闘するお母さんたちが悩み苦しむことを少しでも軽減させてあげることができるのはご近所の方々達のお力です。子育てに苦悩しているお母さんたちを地域で支えてあげることができるのは、我が子を育て上げたシニア世代の方々、子どもに手が掛からなくなったお母さん方々にお願い致します。子育て世代の親御さんたちにあたたかいご支援をお願いします。そのために必要なご近所やお隣さんをはじめとする街や地域全体が子育て世帯を支えるために必要なご近所の方々向けの手順をご提供します。

この読むカウンセリング本を手に取っていただき、子どもたちが担う新しい社会のために、シニア世代の時間のある方々をはじめとした地域の方々のご支援を心からお願い致します。

Photo_20210529121101

 

 

|

Amazon書籍出版のご案内:『学校でのイジメ緊急脱出の手順』

学校でのイジメ緊急脱出の手順(第二版)Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズ No.1

学校でいじめられた体験を持つあなたに うまく脱出する方法 

 

読むことで楽になるカウンセリング本シリーズの学校編として、小学校、中学校、高校などの学校において現在進行形のいじめ被害にあっている児童生徒、子供たちを守るための緊急脱出するための手順書で、これからの未来を託された子供たちをいじめ被害から守るための対処マニュアルです。
全てのいじめ行為は、人としての尊厳を踏みにじる行為です。とくに学校におけるいじめ被害の体験が、その子が成長し大人になってもストレスが継続されてしまい、日常生活に息苦しさを感じてしまうことを余儀なくさせる卑劣な行為です。現在進行形でいじめ被害にあっている児童生徒を守るために必要な手順書です。
いじめ被害にあっている本人と一緒になって、ご家族や周囲が緊急脱出の手助けをするための詳細手順を明らかにした解説書です。
今現在において、常態的にいじめ被害に直面している子供たちとその周囲がすぐに実施すべき緊急手順、いじめ行為に最初に遭遇した時にどうすべきかの対処手順と心構え、問題解決に学級担任や学校の協力が得られない場合の対処手順を明らかにしています。また、国が法律で学校に求めるはいじめ撲滅のための被害調査や再発防止策すべき要求事項、無料で相談ができる都道府県弁護士会の支援活動、公的な専門機関の窓口の活用タイミング、学校との交渉方法などの具体的な方法を明確にしています。さらには、いじめ被害をうけてしまった子ども本人のケアの方法と、心理的な影響や行動変化、さらには心の傷やストレスがどのようにそれ以降の生活に影響を及ぼすのか、その心理的なケアには何が必要なのかを明らかにしています。学校でのいじめ被害の想定場面ごとに対処方法と、心を維持するための方法を解説しています。
また最近のインターネットSNSによる誹謗中傷などでのいじめ問題は、対策を誤ることで炎上しさらに問題を拡げることもあり、慎重に適切な対処方法を具体的な明らかにしています。
これまで、重大な学校におけるいじめ事件報道が繰り返されています。その度に「なぜ助けられなかったのか」が問われ、新たな法律が施行され、多くの制度が導入されてはいますが、学校でのイジメ被害がなくなることはありません。このような状況の中で、今回とくに学校でのいじめ被害にフォーカスをあてて、今すぐにでも必要な緊急脱出が可能となり、平穏で楽しい学校生活が可能となること心からを願っています。

 

Cover-6

|

Amazon書籍出版のご案内:『家庭の児童虐待 緊急脱出の手順』

家庭の児童虐待 緊急脱出の手順 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.2

我が子への虐待をやめたい親御さんのマニュアル 

 

この著書は、読んで楽になるカウンセリング本シリーズとして、「養育者が自らの虐待をやめる」ことを目的に、「ついつい虐待してしまう親御さん」にむけた著書であり、「自分の行為が虐待であることの重大認識」を得ること、そして「自分がなぜ我が子に虐待をしてしまうのか」を知り、愛する我が子に虐待する自分を「自分で制止すること」を狙いとし、適切な我が子への関わりを取り戻すために、児童虐待から緊急脱出する方法を提示するものです。
家庭の中での児童への虐待は、その子に重篤な精神障害を引き起こすことが実証されています。また重篤な精神障害に至らずとも、他者との良好な人間関係の構築ができないという境界性人格性障害など、性格傾向に強い偏りが生じる場合には、周囲の大人たちを振り回す問題行動を起こすことがあります。とくに絶望感で生きる活力を奪い取られ自ら悲しい結果を選択する場合もあります。また学校では、他の生徒にたいする「いじめ問題」を起こす問題児となる可能性もあります。さらには、その子が成人し家族を持ち我が子への躾(しつけ)をする側の立場になったときに、自分の親から受けた子どもへの躾としての関わり方を無意識で模倣する「虐待の世代間連鎖」が続くことになります。現在起きているあなたの家庭での児童虐待が、子々孫々まで我が子への暴力が続いてしまう連鎖を阻止し、あなたの将来の家系で悲しい結末の事件を迎えないために緊急脱出が必要です。さらには、我が子が学校でのいじめ問題を起こしてしまい、他の生徒やその家族に悲しい結末を導く事件の加害者となる場合もあります。このような二次三次の悲惨な被害者をつくりださないために、あなた自身の虐待行為から緊急脱出するために、当著書「読んで楽になるカウンセリング本シリーズ」がお役に立てることを願っています。
家庭における児童虐待は、学校におけるいじめ問題へと連鎖波及する環境連鎖によって不幸拡散の恐れがあります。また、虐待の世代間連鎖であなたの家系で終わることのない呪われた虐待連鎖を招く恐れもあります。あなたの虐待行為は重大な犯罪なのだという認識が必要です。さらに、児童虐待は我が子の一生を、ストレスフルな暗い闇に追い込む卑劣な犯行であるという正しい認識を虐待行為の当事者であるあなたが得られることを願って執筆しました。

 

_

|

Amazon書籍出版のご案内:『DV親の児童虐待 衝動抑制の手順』

DV親の児童虐待 衝動抑制の手順 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.8

我が子への虐待に気づき、虐待をやめるための父親マニュアル 

 

あなた自身が直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法を提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズとして、DV傾向にある父さん自身および虐待される家族や児童たちを、その児童虐待の状況から緊急脱出するための父親マニュアルです。
この著書は、「お父さんが自らの虐待をやめる」ことを目的に、「イライラしてついつい暴言や暴力にはしる親御さん」にむけた著書であり、「自分の行為が虐待であることの重大認識」を得ること、そして「自分がなぜ我が子に虐待をしてしまうのか」を知り、愛する我が子に虐待する自分を「自分で制止すること」を狙いとし、適切な我が子への関わりを取り戻すために、児童虐待から緊急脱出する方法を提示するものです。あなたの家庭の幸せな生活を取り戻すために、今の苦悩から脱出する考え方と方法をご提供します。
家庭の中での児童への虐待は、その子に重篤な精神障害を引き起こすことが実証されています。また重篤な精神障害に至らずとも、他者との良好な人間関係の構築ができないという境界性人格性障害など、性格傾向に強い偏りが生じる場合には、周囲の大人たちを振り回す問題行動を起こすことがあります。とくに絶望感で生きる活力を奪い取られ自ら悲しい結果を選択する場合もあります。
ご自分のお子さんについつい言葉での暴力、行動での暴力、無視することによる精神的な懲罰、食物を与えることなく育児放棄的なネグレクト状態での外出など、自分自身の言葉や行為に少しでも違和感を持った時に読んでください。その苦境からの緊急避難の方法を提供し、そして幸せな将来を獲得するために、過去にあなた自身が受けた養育者からの虐待被害を整理し、その事実を適切に受けとめ、過去の記憶への対処の方法を数多く提供します。判りやすく、対処方法を詳しく解説しますので、ご自身の状況に合う方法を試みてください。また、周囲でサポートする立場にある方々にも、関わる虐待行為をする養育者と、その虐待をうける子どもたちの状況に合った方法で優しくサポートしてあげてください。そして、いくつかの方法を試みてください。必ず苦悩から脱出できると信じてください。

Dv

 

|

Amazon書籍出版のご案内:『母親の児童虐待 制止と脱出手順』

母親の児童虐待 制止と脱出手順 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.7

我が子への虐待から抜け出したいお母さんの子育て指南書 

 

あなた自身が直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法を提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズとして、虐待傾向にあるお母さん自身および虐待される家族や児童たちを、その児童虐待の状況から緊急脱出するための子育てマニュアルです。
この著書は、「お母さんが自らの虐待をやめる」ことを目的に、「ついつい虐待してしまう親御さん」にむけた著書であり、「自分の行為が虐待であることの重大認識」を得ること、そして「自分がなぜ我が子に虐待をしてしまうのか」を知り、愛する我が子に虐待する自分を「自分で制止すること」を狙いとし、適切な我が子への関わりを取り戻すために、児童虐待から緊急脱出する方法を提示するものです。
家庭の中での児童への虐待は、その子に重篤な精神障害を引き起こすことが実証されています。また重篤な精神障害に至らずとも、他者との良好な人間関係の構築ができないという境界性人格性障害など、性格傾向に強い偏りが生じる場合には、周囲の大人たちを振り回す問題行動を起こすことがあります。とくに絶望感で生きる活力を奪い取られ自ら悲しい結果を選択する場合もあります。また学校では、他の生徒にたいする「いじめ問題」を起こす問題児となる可能性もあります。さらには、その子が成人し家族を持ち我が子への躾(しつけ)をする側の立場になったときに、自分の親から受けた子どもへの躾としての関わり方を無意識で模倣する「虐待の世代間連鎖」が続くことになります。現在起きているあなたの家庭での児童虐待が、子々孫々まで我が子への暴力が続いてしまう連鎖を阻止し、あなたの将来の家系で悲しい結末の事件を迎えないために緊急脱出が必要です。さらには、我が子が学校でのいじめ問題を起こしてしまい、他の生徒やその家族に悲しい結末を導く事件の加害者となる場合もあります。このような二次三次の悲惨な被害者をつくりださないために、あなた自身の虐待行為から緊急脱出するために、当著書「読んで楽になるカウンセリング本シリーズ」がお役に立てることを願っています。

 

New-2

|

Amazon書籍出版のご案内:『育児困難からの緊急脱出の手順』

育児困難からの緊急脱出の手順 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.9

子育ての困難を乗り越えるために~社会福祉制度をフル活用するマニュアル 

 

あなた自身が直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法を提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズです。
現在のコロナ禍で急激に生活が困窮する中、これから赤ちゃんを産むことを予定している方々、シングルマザーとしての子育てを決意したお母さん、そして子どもを育てることが困難だと感じた親御さんたちへの貧困脱出のためのマニュアルです。その苦況から緊急脱出するために活用できる社会保障制度としての公的支援があります。それらは困ったとき時に活用できます。
若年出産のお母さんや未婚で出産を決意することになったお母さんたちに、ご自身の幸せと生まれてくる赤ちゃんの幸せのために、利用できる社会保障制度がいくつもあります。とくに、出産前から相談に乗ってくれる母子家庭・若年家族などへの重点的子育て支援の公共サービスを国が推進し、地方自体にむけてその充実を義務化しています。それらの活用を検討していただけるように、育児困難を脱するための情報をご提供します。
また、コロナ禍での急速な景気の減速にともない子育て世代の生活環境が悪化しています。この中で生活する子どもたちの未来のための、育児支援サービスや子どもの就学のための支援給付制度などがあります。これらは国民の安心安全な生活を守るために設けられた社会保障制度です。かつては、「生活保護を受けることは恥ずかしいこと」とか「頼れる親戚や親兄弟がまずは支援するべきだ」などの間違った考えがありました。しかし、現在は多くのNPO団体が生活に困窮した子育て世代への積極的な支援活動が展開されていますので、公的機関の窓口とあわせて各種団体に相談していただくことで、新たな道が必ず開かれると信じてください。決してあきらめないでください。 

 

Photo_20210529113601

|

Amazon書籍出版のご案内:『虐待トラウマからの緊急脱出」

虐待トラウマからの緊急脱出 Amazon書籍

 

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo.6

自分の心を癒して自分の輝きを取り戻すマニュアル

 

あなた自身が直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法を提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズで、虐待された体験をもつ方々が、自分を癒し自分の輝きを取り戻すためのマニュアルとして「虐待トラウマからの緊急脱出」をお届けします。過去に厳しいしつけと称して、いつも親御さんから罵声をあびせられ精神的に追い詰められる毎日を過ごした方々、さらには親が勝手に決めた家のルールを守らないとして、体罰をうけて恐怖でビクビクする毎日を過ごした方々などが今も抱える虐待のトラウマから逃れるためのマニュアルです。子ども時代に親御さんからうけたそれらの厳しいしつけは、すべてが子ども心を傷つける非常識な児童虐待です。毎日のように浴びせられた罵声は子ども自身を否定的にとらえてしまい自分は親を怒らせる悪い子どもだという自己認識が植えつけられることになります。その結果、自己否定におちいり、本来のその子が持っている快活な性格をフルに発揮するポジティブな対人コミュニケーションができず、対人関係でストレスを感じやすくなり、生活のしづらさを感じることが多くなります。日々の生活で、悩みを抱え日常の苦しさに耐えながらお仕事に励む多くの方々に共通の背景として、子供時代に親御さんから虐待を受けていたというケースが多くあります。毎日の生活に生きづらさを感じながらもなんとか抜け出したいと感じる成人の方々、自分自身をついつい否定的にとらえてしまう思春期の方々、その苦境からの緊急避難の方法を提供し、そして幸せな将来を獲得するために必要なセルフケアの方法を提供します。

 

Basekidolevol09  

|

Amazon書籍出版のご案内:『貧困からの緊急脱出の手順』

貧困からの緊急脱出の手順 Amazon

読んで楽になるカウンセリング本シリーズNo4

スキルアップと公的支援制度を利用してコロナ禍の生活を乗りきる

 

あなた自身が直面している苦しさを整理し、そこからの脱出方法を提供する「読んで楽になるカウンセリング本」シリーズの第四段として、貧困生活から抜け出して家族を幸せにするために必要なご自身のスキルアップによる収入拡大の手順と子どもを幸せにするために必要な公的支援制度のフル活用の手順と要領をご紹介しています。
コロナ禍での急速な景気の減速にともない子育て世代の生活環境が悪化しています。この中で生活する子どもたちの未来のための、育児支援サービスや子どもの就学のための支援給付制度などがあります。これらは国民の安心安全な生活を守るために設けられた社会保障制度です。かつては、「生活保護を受けることは恥ずかしいこと」とか「頼れる親戚や親兄弟がまずは支援するべきだ」などの間違った考えがありました。しかし、現在は多くのNPO団体が生活に困窮した子育て世代への積極的な支援活動が展開されていますので、公的機関の窓口とあわせて各種団体に相談していただくことで、新たな道が必ず開かれると信じてください。決してあきらめないでください。

 

Photo_20210529110001
 

|

«Amazon書籍出版のご案内『親の虐待から避難する手順』