« 春の兆し | トップページ | 新年度の旅立ちと春 »

新年度を前に想うこと

【4月を前にして】

もうすぐ4月ですね。心機一転、色々な意味で新しいスタ-トをきる方も多いのではないでしょうか。でも、何も4月にスタ-トしなければいけないわけでもないと思います。周りの雰囲気と同時にスタ-トをきるのも良し、別に人それぞれ違うのだから、6月でも9月でも11月でもスタ-トは人それぞれでいいのだと思います。何かをしたくなった時、できるエネルギ-が自分の中で沸いてきた時にスタ-トをきればいいのだと思います。しかし、本当に疲れると休むこと、立ち止まってみることさえ勇気や気力がいるものだな、と感じるのです。辛さや苦しさ、明らかに自分に合わない状態や毎日から早く抜け出て、苦しさから解放されて幸せに向かうという事でさえ、勇気や決断がいることなのかもしれないと思います。慣れていない状態の人から考えると、本人にとって心地良く生きることにさえ妙に後ろめたさというのか、不安というのか、恐怖や不慣れさえ感じるものなのかもしれないと思います。 人と比べないこと、自分にOKを出すこと、自分なりに幸せになっていいこと、自分なりのペ-スでも充分なことを自分自身で認め、そして許すことは、なかなか難しいことだなと私は感じます。  (2009年3月24日)

|

« 春の兆し | トップページ | 新年度の旅立ちと春 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年度を前に想うこと:

« 春の兆し | トップページ | 新年度の旅立ちと春 »