« 新年度の旅立ちと春 | トップページ | GWも終わりかぁ・・・ »

桜の開花によせて

【4月 桜の時期に想う】

関東地方では、ここ数日はまるで初夏を思わせる様な気候でした。桜も満開を迎え、もう散り始めましたね。桜の花びらが舞うと、綺麗だと思うと同時になんとなく切ない気分になるのは私だけでしょうか。 今日は新しい制服を着た学生を見かけました。入学式などだったのでしょうね・・・。今にしてみるとその頃の自分が羨ましいです。けれど、その頃の私は逆に大人に憧れていた様に思います。結局、その年齢や時代に応じた悩みは必ずあって、逆にその時にしか感じられない考え方や感性があるんだろうなと思いました。だからこそ、いい時も悪い時も自分が感じた気持ちは大切なんだなと思います。好きも嫌いも分からない自分より、好きなもの、嫌いなものを感じていられる自分でありたいと思いました。 今日たまたまユ-ミンの「卒業写真」の曲を耳にしたのですが、色々と懐かしい様な気持ちになりました。きっとどなたにも、忘れていた頃の自分を思い出させてくれる様な音楽や場所や景色があるのではないかと思います。いい時も悪い時も自分にとって意味のある曲や場所にたまに立ち返ることは、例え一瞬でも自分の心の中に忘れていた何かの感情を思いださせるものだなと思いました。(2009年4月15日)

|

« 新年度の旅立ちと春 | トップページ | GWも終わりかぁ・・・ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜の開花によせて:

« 新年度の旅立ちと春 | トップページ | GWも終わりかぁ・・・ »